チストップ

バイポーラコアギュレータ「チストップ」
高周波により簡単に切開や止血のできる電気メスは病院・クリニックには無くてはならない医療機器となっています。
しかし、その使用頻度の多さから、ちょっとした使い勝手の悪さが使用者へのストレスとなってしまいます。

・フットスイッチや対極板、多数のケーブルにより取り回しが悪く、準備に時間が掛かる。
・大きさや設置、コンセントの制限により手術室でしか使用できない。
・術中、バイポーラ電気メスのフットスイッチが思った場所に無く、足で探し回る羽目になる。

そこでiMed Japan株式会社では、世界初のバッテリー駆動式バイポーラ電気メス「チストップ」と、操作性を第一に研究・開発した専用ハンドピース、その他多数アクセサリーを販売致しました。

>>紹介ビデオを見る

出力スイッチ付き専用ハンドピース

専用ハンドピースにより、従来のバイポーラ止血装置に不可欠だったフットスイッチが不要になりました。

>>詳しく見る

対極板不要

バイポーラ方式により対極板は不要です。

>>詳しく見る

バッテリー駆動

世界初のバッテリーで駆動で、場所を選ばす使用できます。

>>詳しく見る

コンパクト・軽量設計

本体はほぼA5サイズ。カートやトロリーに乗せておいても邪魔になりません。

>>詳しく見る

アクセサリー

豊富なアクセサリーを用意しております。

>>詳しく見る

仕様

認証番号 222AGBZX00024000
クラス分類 クラスU/指定管理医療機器/特定保守管理医療器
出力 0〜30W
周波数 1.7MHz
電源 専用バッテリー(7.2V)
重量 1.3kg
寸法 185(W)× 153(D)× 43(H)mm
商用電源からの電源供給不要

カタログ

「チストップ」のカタログをダウンロードできます。

> > チストップカタログ(pdf:745KB)

「チストップ」紹介ビデオ

△上に戻る

出力スイッチ付き専用ハンドピース


「チストップ」専用ハンドピースは使用者の操作性を第一に開発された出力スイッチ付きハンドピースです。
ハンドピースに装着したピンセットをつまむとちょうど小指の部分に出力スイッチがあり、ピンセットを操作する指(親指・人差し指・中指)とは別の神経が通う小指を使って出力の操作を行います。
フットスイッチ不要のスムースで直感的な操作が可能となり、ピンセットの操作が出力の操作に引きずられぎこちなくなる・・・なんてこともありません。
(オプションで従来通りのフットスイッチも使用できます。)
※写真は「標準セット+バイポーラハンドピース+ピンセット」です。

△上に戻る

対極板不要


バイポーラ方式ですので、対極板は不要です。
ちょっと出血が気になるな、と思ったら取り出してつなぐだけですぐに使えます(※)。
患者に対極板を張り付ける必要がありません。
対極板が不要なので、ランニングコストの大幅削減ができます。

※バイポーラピンセット他が滅菌済みの場合。

△上に戻る

バッテリー駆動


世界初!充電式のバッテリーで動作します。
充電式なので場所を選ばずどこでも使えます。

□診察室や病棟での迅速な止血
□CV port増設やペースメーカーの埋め込みでのちょっとした止血

一回の充電で最大出力でも30分以上動作可能ですので、普通に使えば1日持ちます。
△上に戻る

コンパクト・軽量設計


本体はほぼA5サイズです。この大きさならカートやトロリーに乗せておいても邪魔になりません。
普通の往診かばんにも入り電源も不要なので、在宅での止血には最適です。
△上に戻る

アクセサリー

バイポーラケーブル
フットスイッチを使用する際、バイポーラ鑷子を接続するコードです。
長さ:4m(当社認証対象外)
フットスイッチ
バイポーラケーブルを使用する際の出力スイッチです。
長さ:2m / 3m / 4m
バイポーラ鑷子
各科に対応する豊富な各種バイポーラ鑷子を用意しています。
(当社認証対象外)
スタンド
バイポーラハンドピース用スタンド